WordPressのテーマファイルで修正・削除した方がよい13のテンプレートタグ

WordPressのテーマファイルで修正・削除した方がよい13のテンプレートタグ

更新日:カテゴリ:WordPress

WordPress

最近は特にWordPressのテーマが充実してきていますね。
私もよく利用させてもらったり、インスピレーションをもらうために参考にさせてもらっています。

実際に利用してみると汎用的にするために、あえてテンプレートタグがたくさん入っているわけですね。
そこで、ページの表示速度が遅くならないように余計なテンプレートタグは削除しましょう。

修正・削除した方がよいテンプレートタグ

コリスさんでページの表示を早くするために検討すべきWordPressの13のタグという良記事がありましたので、そのままではありますが下記に紹介します。

1.言語コード(xml:lang=”ja” lang=”ja”)

<?php language_attributes(); ?>

※header.php: L 2

2.メディアタイプ(text/html)

<?php bloginfo('html_type'); ?>

※header.php: L 5

3.文字コード(charset=UTF-8)

<?php bloginfo('charset'); ?>

※header.php: L 5

4.ブログの名前

<?php bloginfo('name'); ?>

※header.php: L 7

5.使用しているWordPressのバージョン(WordPress ME2.3)

<meta name="generator" content="WordPress " />
<!– leave this for stats –>

※header.php: L 9

6.スタイルシートのURL

<?php bloginfo('stylesheet_url'); ?>

※header.php: L 11

7.RSSのURL

<?php bloginfo('rss2_url'); ?>

※header.php: L 12, footer.php: L 8

8.pingbackのURL

<?php bloginfo('pingback_url'); ?>

※header.php: L 13

9.スタイルシートの格納ディレクトリ

<?php bloginfo('stylesheet_directory'); ?>

※header.php: L 21, 22

10.ブログの説明

<?php bloginfo('description'); ?>

※header.php: L 37

11.コメントのRSSのURL

<?php bloginfo('comments_rss2_url'); ?>

※footer.php: L 9

12.クエリ数と表示時間

<!-- <?php echo get_num_queries(); ?> queries. <?php timer_stop(1); ?> seconds. -->

※footer.php: L 10

13.ウィジェット

<?php /* Widgetized sidebar, if you have the plugin installed. */
if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar() ) : ?>
ここの間
<?php endif; ?>

※sidebar.php: L 3 – 71

なぜタグを消した方がよいのか?

これも紹介のとおりなのですが、そもそもテンプレートタグを使うとサーバにアクセスして処理を行うためその分サーバに負荷がかかります。そのためページの表示速度が遅くなってしまうのです。
カテゴリやタグなどは動的に表示させたいところですが、ブログタイトルなどは変更しないものはテンプレートタグではなく静的に書いてあげましょう。

この記事に関連するタグ

あわせて読みたい記事