ロゴ制作の前には絶対に心得ておきたい45のルール

ロゴ制作の前には絶対に心得ておきたい45のルール

更新日:カテゴリ:Webデザイン

ロゴ制作の前には絶対に心得ておきたい45のルール

ロゴ制作をするとき何に気をつけていますか?
今まさにロゴを作ろうと思っているあなたに見てほしい、「ロゴ制作の心得」を紹介します。

ロゴ制作の前には絶対に心得ておきたい45のルール

※海外記事を和訳していますので、一部本来の表現でない箇所もあるかもしれませんがご了承を。

  • 3つ以上の色を使わない。
    (Do not use more than three colors.)
  • 必要なものは以外は徹底的に削る。
    (Get rid of everything that is not absolutely necessary.)
  • 文字は誰にでも読めなければならない。
    (Type must be easy enough for your grandma to read.)
  • ロゴだと認識できなければならない。
    (The logo must be recognizable.)
  • ロゴにユニークな形やレイアウトを取り入れる。
    (Create a unique shape or layout for the logo.)
  • 親しい人がロゴについて何を言おうと関係ない。
    (Completely ignore what your parents and/or spouse think about the design.)
  • ロゴが魅力的であるか、3人以上に確認する。
    (Confirm that the logo looks appealing to more than just three (3) individuals.)
  • 有名なロゴをマネしてオリジナルだと言わない。
    (Do not combine elements from popular logos and claim it as original work.)
  • いかなる時でもロゴにはイラスト集を使ってはならない。
    (Do not use clipart under any circumstances.)
  • ロゴは白黒にした場合でもかっこよく見えるべき。
    (The logo should look good in black and white.)
  • 逆さにしても認識できる。
    (Make sure that the logo is recognizable when inverted.)
  • リサイズしても認識できる。
    (Make sure that the logo is recognizable when resized.)
  • アイコンやシンボル、テキストを含むロゴは、それらを活かすようレイアウトする。
    (If the logo contains an icon or symbol, as well as text, place each so that they complement one another.)
  • 流行りではなく、いつ見ても素晴らしくする。
    (Avoid recent logo design trends. Instead, make the logo look timeless.)
  • エフェクトを使わないように。
    (Do not use special effects (including, but not limited to: gradients, drop shadows, reflections, and light bursts).)
  • もし可能ならロゴを正方形の中におさめるようにレイアウトする。不規則なレイアウトは極力避ける。
    (Fit the logo into a square layout if possible, avoid obscure layouts.)
  • 細部が複雑にならないようにする。
    (Avoid intricate details.)
  • ロゴがいろいろなところで使われる時のことを想定する。
    (Consider the different places and ways that the logo will be presented.)
  • 信頼の持てるデザインにし、わかりづらくなってはいけない。
    (Invoke feelings of being bold and confident, never dull and weak.)
  • 完璧なロゴを作ろうとしない。
    (Realize that you will not create a perfect logo.)
  • それぞれのビジネスやサービスのイメージを意識する。
    (Use sharp lines for sharp businesses, smooth lines for smooth businesses.)
  • ビジネスやサービスとの関連性をもたなければならない。
    (The logo must have some connection to what it is representing.)
  • 写真は使わない。
    (A photo does not make a logo.)
  • プレゼンでクライアントを驚かさなければならない。
    (You must surprise customers with presentation.)
  • フォントは2つ以上使わない。
    (Do not use more than two fonts.)
  • ロゴは左・中央・右・上・下に揃わせる。
    (Each element of the logo needs to be aligned. Left, center, right, top, or bottom.)
  • ロゴは正しく整っているべきで、要素に干渉されてはいけない。
    (The logo should look solid, with no trailing elements.)
  • ロゴのアイデアを考える前に、誰がロゴを見るのかを考える。
    (Know who is going to be looking at the logo before you think of ideas for it.)
  • 流行りより、実用的なものにする。
    (Always choose function over innovation.)
  • 覚えやすいブランド名は、ブランド名をロゴにすべき。
    (If the brand name is memorable, the brand name should be the logo.)
  • ロゴを反転させても認識できるように。
    (The logo should be recognizable when mirrored.)
  • いくら大きな会社であろうが小さなロゴが重要。
    (Even large companies need small logos.)
  • ビジネスやサービスだけでなく、ロゴまで気に入ってもらえるように。
    (Everyone should like the logo design, not just the business that will use it.)
  • たくさん作るほど理想のロゴに近づく。
    (Create variations. The more variations, the more likely you are to get it right.)
  • どんな場所でつかわれようが一貫して見えるロゴでないといけない。
    (The logo must look consistent across multiple platforms.)
  • ロゴはだれでも簡単に描けなければならない。
    (The logo must be easy to describe.)
  • ロゴには長文を使わない。
    (Do not use taglines in the logo.)
  • PCで作業する前に、紙でイメージしてみる。
    (Sketch out ideas using paper and pencil before working on a computer.)
  • シンプルなデザインを追求する。
    (Keep the design simple.)
  • 疾走感のあるものや地球のシンボルを使わない。
    (Do not use any “swoosh” or “globe”symbols.)
  • わかりにくいロゴではいけない。
    (The logo should not be distracting.)
  • ロゴはビジネスやサービスを正直に表現しないといけない。
    (It should be honest in its representation.)
  • バランスが整っていなければならない。
    (The logo should be balanced visually.)
  • 蛍光色、ネオンカラーや暗色は使わない。
    (Avoid bright, neon colors and dark, dull colors.)
  • 上記のルールからはみでないように。
    (The logo must not break any of the above rules.)

参照:45 Rules for Creating a Great Logo Design

いかがでしたでしょうか?
一見クリエイティブなロゴにも実はものすごくロジカルに作られているものです。
「このロゴはどういうルールで作られているのか」とういう目線で周りのロゴに注目してみると、新たな発見ができるかもしれませんね。

この記事に関連するタグ

あわせて読みたい記事